シミ・そばかすにウンザリ!おすすめの化粧品はこれ!

 

シミを薄くしたい!シミ対策用の化粧水や美容液、クリームなどはどれがいいのか?

 

トライアルキットがある化粧品を中心にランキング形式にて解説いたしました♪

 

※複数トライアルで試してみて、お気に入りの化粧品を使い続けることをお勧めいたします。

 

また、トライアルに加えて、返金保証付きのシミ対策化粧品もランキング内に加えました。

 

シミ・そばかす対策用の化粧品ランキング

 

ホワイトニングリフトケアジェル ・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

 

デメリットは?

 

多忙でマッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp

 

ディセンシア サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト

 

サエルインナードライ訴求バナー

 

  • 返金保証:30日間保証付
  • 内容:
    • 薬用美白化粧水:14ml
    • 薬用媚薬美容液:8ml
    • 薬用媚薬クリーム:9g
    • エッセンスインCCクリーム

  • トライアルキット:1,480円

 

サエルは刺激が少ない!敏感肌のあなたにピッタリです。

 

返金保証付き&トライアルキットなので、これほど安心できるシミ対策用の化粧品は他にはないかも?

 

デメリットは?

 

少しさらさらなため、手からこぼれやすい
※個人差があるため、なんとも(汗)

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【ディセンシア 公式サイト】
→https://www.decencia.co.jp

 

 

シズカゲル

 

シズカゲル

 

  • 返金保証:30日間
  • 内容:60g1か月分
  • 通常購入:4980円

    ※定期購入:2980円

 

 

シズカゲルはシミい以外にも、シワ・毛穴・乾燥・肌荒れなど多角にケアするオールインワン化粧品です。
発売されてまだ日が浅いですが、雑誌やSNS(※インスタ)を中心に、話題沸騰中です。

 

デメリットは?

 

トライアルキットがない点です

 

 

【公式サイト シズカゲル】
→http://by-shizuka.jp

 

 

ビーグレン ホワイトクリーム

 

  • 返金保証:365日間保証付
  • 内容:
    • クレイウォッシュ(15g)
    • QuSomeローション(20mL)
    • Cセラム(5mL)
    • QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
    • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

  • トライアルキット:1,800円

 

「ビークレンってアメリカ発の化粧品でしょ?日本人が使っても大丈夫?」

 

という疑問が多いですが、日本人用に作られています。

 

最大の特徴は”ハイドロキノン配合”でリピート率98.5%!

 

また365日返金保証!他社ではありえない期間の保証です。

 

それほど、シミ対策に自信があるメーカーといえます。

 

 

デメリットは?

 

価格がややお高め。

 

またハイドロスキン配合の化粧品は妊婦や授乳中のママさんは担当医に相談しましょう。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:
    • スポット集中化粧液
    • 化粧水
    • 美容美白美容液
    • 美容乳液ゲル
    • メイク落とし・洗顔料

  • トライアルキット:1890円

 

アンプルールと言えば、有名雑誌に対数掲載されているメーカーです。

 

ハイドロキノンラグジュアリーホワイトシリーズの中で最高濃度で配合されているため、美白スキンケアに期待できます。

 

 

デメリットは?

 

成分の中に、エタノール表記があります。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

アスタリフト ホワイトクリーム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:
    • 美白化粧水:18ml
    • 美白美容液:5ml
    • 美白クリーム:5g

  • トライアルキット:1000円

 

富士フィルム独自の「ナノAMA」はちゃんと届く、働くように設計された化粧品です。
これ以上シミを増やしたくない・・というあなたにピッタリの商品です。

 

 

デメリットは?

 

トライアルセットだけでは、シミ対策は微妙です(汗)

 

 

美容Q&A

 

そばかすが気になる人

 

顔にできるシミ&そばかすの原因とは?

 

顔にできるシミやそばかすの原因は、人によって様々です。シミには様々な種類がありますが、もっとも多いのが紫外線が原因で発生するシミです。そばかすは、顔全体に小さな斑点が出ます。遺伝的なもので、小学生の頃から出る人が多いです。人によっては、成長と共に増えることもあります。
紫外線を浴びると、体は皮膚を守ろうとしてメラノサイトに命令を出します。メラノサイトはメラニン色素を生成して皮膚を守ります。
通常であれば、肌のターンオーバーによってシミの原因となるメラニン色素は体外へと排出されます。ところが、そのバランスが崩れてしまうとメラニンの排出が滞り、シミとなって残ってしまうのです。
そばかすも、紫外線が原因のひとつで、紫外線や様々な刺激によって活性酸素が発生すると、メラノサイトが刺激されて活発になり色素沈着が残ってしまう原因となります。
そばかすは、紫外線だけでなく、ストレスや栄養不足でも発生することがあるので注意が必要です。
シミやそばかすを防ぐには、紫外線を直接浴びないように日焼け止めを塗って外出することが大切です。美白成分が配合された化粧品や美白サプリを利用して、毎日シミ対策を行っている女性は多いです。

 

 

シミの予防対策におすすめの食べ物とは?

 

顔に一度できてしまったシミはなかなか消すことができません。
なので出来るだけシミの予防対策はしっかり行うのが望ましいです。日々のケアとしては、美白効果のあるスキンケアをしたり日焼け止め対策をしっかりとることが基本となりますが、同時に内面からもシミの予防対策を行うことが望ましいです。シミ予防に効果のある食べ物を積極的に摂取してみましょう。
シミの予防対策におすすめの食べ物として、ビタミンCをたっぷり含むものを選びましょう。
ビタミンCが多く含まれる食べ物は緑黄色野菜や果物が挙げられますが、その中でもトマトがおすすめです。真っ赤なトマトにはビタミンCだけでなくリコピンやビタミンEが含まれていますが、このリコピンやビタミンEは抗酸化作用があるため、シミを作る原因となる活性酸素を除去してくれます。
また、人参もおすすめの食べ物です。人参に含まれるβカロチンにも抗酸化作用がありますが、美容に欠かすことのできないビタミンAも多く含んでいるのでおすすめです。
そしてブロッコリーもお勧めです。ブロッコリーにはレモンの2倍以上のビタミンC含有量がありますし、βカロチンに加えて葉酸なども含まれていて美容に効果的です。
イチゴやレモンといった果物にも多くビタミンCが含まれていますし、同時に腸内環境を整えるペクチンも含まれているため、肌の調子を整えてくれます。

 

 

コスメQ&A

 

化粧水を塗る女性

 

 

化粧水の役割を解説

 

スキンケアを見直したいと思ったら、化粧水に注目するのがおすすめです。

 

何故なら、化粧水はスキンケアアイテムの基本と言っても良いアイテムだからです。さらに、使用することで得られる役割を理解することで、効果的に肌トラブルを改善させることも期待できます。

 

化粧水の大きな役割は、肌を潤すということです。入浴後や洗顔後の肌は、メイクや汚れと一緒に、肌を乾燥から防ぐ働きのある皮脂や水分まで取り除かれている状態になります。

 

ですので、素早く化粧水を使用し、肌に水分を補う必要があります。さらに、その次に使用する乳液や美容液、保湿クリームの浸透がアップするという効果もあります。

 

さらに細かく化粧水を見てみると、肌質にあわせていくつかのタイプがあるのが分かります。保湿化粧水は、保湿効果に重点を置いたタイプになります。

 

ヒアルロン酸やプラセンタエキス、コラーゲンなどの保湿成分がたっぷりと配合されているので、乾燥肌の人におすすめです。

 

おでこや鼻のテカリが気になるという人は、収れん化粧水がおすすめです。
これは肌を引き締める役割に優れたタイプで、使用することで皮脂の分泌を抑えることが可能です。さらに、毛穴の開きや肌のたるみの改善も期待できます。

 

ハイドロキノンのメリット・デメリットとは?

 

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニン色素の産生を抑制する作用があります。さらにはメラニン色素そのものを生成する細胞を減少させる作用も併せ持つためまだ日本では知名度は低いですがアメリカでは美白効果の高い成分として人気があります。そんなハイドロキノンのメリットといえば新たなシミの予防以外にハイドロキノンが持つメラニンの還元作用によりすでにできてしまっているシミを薄くすることができることです。美白効果の高い成分としてはプラセンタやビタミンCなどがありますがハイドロキノンはそれらの数十倍もの美白効果があるとされており、この高い美白効果によりすでに出来てしまっているシミを薄くさせるのです。反対にハイドロキノンのデメリットとしては肌への副作用が強く出現してしまうことがあります。高い美白効果を持っているため刺激性が強く肌の弱い人が使用することで炎症を起こしたり、さらに効果を受けすぎると白斑と呼ばれる肌が白くなってしまう状態を作り出してしまうことがあります。とくに配合濃度が高くなってしまうとそれだけ肌へのダメージが生じてしまう可能性があるため刺激を抑えた安定型ハイドロキノンを用いるなどの工夫が必要となります。